門脇誠二研究室 | 名古屋大学大学院 環境学研究科 地球惑星科学系 地球史学講座(博物館)| Seiji Kadowaki, Nagoya University Museum, Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University

連絡先
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 名古屋大学博物館
Eメール:kadowaki[a]num.nagoya-u.ac.jp
アクセス
名古屋市営地下鉄 名城線「名古屋大学」駅 2番出口から徒歩3分
» 地図はこちら

その他の業績 | Grants and conferences その他の業績

1. 外部からの研究資金

1.1. 科学研究費補助金

代表
若手研究(B)(2011~2012年度)「西アジア先史農耕社会の考古学:社会史構築へ向けての比較研究」
若手研究(B)(2014~2016年度)「西アジア北端の農耕起源をさぐる:穀物加工と貯蔵の考古資料の通時的分析」
分担
新学術領域研究(2010~2014年度)「ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究」
基盤研究(B)(2011~2013年度)「縄文文化の北方フロンティア―北海道東部地域―の環境変化と縄文人の生業戦略」

1.2. その他

すべて代表
財団法人高梨学術奨励基金 (2010)「西アジア先史農耕社会の考古学:社会史構築へ向けての基礎研究」
科学技術振興機構(JST)地域の科学舎推進事業 地域活動支援 (2010)「マクロ先端科学にふれるハンズオン・ギャラリー」
財団法人高梨学術奨励基金 (2011)「西アジア初期農耕社会の多様性をさぐる:ヨルダン、シリア、アゼルバイジャンでの考古学調査」
ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~ (2012)「河原の石で包丁をつくろう!石器づくりから学ぶ文化と自然」
ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~ (2013)「河原で宝石と歴史を見つけよう!」
カメイ社会教育振興財団 (2013)「西アジア型農業の起源に関する考古学:アゼルバイジャン西部の遺跡発掘と野外博物館活動」
伊藤忠兵衛基金 学術研究助成 (2014)「南コーカサス地方への農業伝播プロセス:新石器時代の穀物管理技術と古代ヤギDNAに関する研究」
三菱財団 (2014¬~2015)「世界最古の農業伝播プロセスの考古学研究:南コーカサス新石器時代の穀物管理技術と古代ヤギDNA」

2. 受賞歴

3. 講演

3.1. 学会発表(国際学会、国際シンポジウム)

3.2. 学会発表(国内学会・国内シンポジウム)

3.3. 一般講演