業績一覧|Publications

繁殖干渉関連 Reproductive Interference

  • Nishida S., M. M. Kanaoka, Y. Hashimoto, K-I. Takakura, T. Nishida. 2014. Pollen-pistil interactions in reproductive interference: comparisons of heterospecific pollen tube growth from alien species between two native Taraxacum species. Functional Ecology, 28:450-457.
    » プレスリリースPDF
    » NU Research
  • Sato, Y., K.-I. Takakura, S. Nishida and T. Nishida. 2013. Dominant Occurrence of Cleistogamous Flowers of Lamium amplexicaule in relation to the Nearby Presence of an Alien Congener L. purpureum (Lamiaceae)., ISRN Ecology doi.org/10.1155/2013/476862 ..
  • Nishida S., K-I. Takakura, T. Nishida, T. Matsumoto and M. M. Kanaoka. 2012. Differential effects of reproductive interference by an alien congener on native Taraxacum species. Biological Invasions 14: 439-447.
  • Nishida, S., H. Azuma, A. Naiki and M. Ogawa. 2012. Molecular phylogenetic analyses of Geranium robertianum populations recently found in Japan. Acta Phytotax. Geobot. 62 (2/3): 79-87.
  • 高倉耕一・松本崇・西田佐知子・西田隆義.2012.個体ベースモデルを用いた在来一外来タンポポ開繁殖干渉の解析.日本生態学会誌62:255-265.
  • Takakura, K-I., T. Matsumoto, T. Nishida, and S. Nishdia. 2011. Effective range of reproductive interference exerted by an alien dandelion, Taraxacum officinale, on a native congerner. J. Plant Res. 124: 269-276.
  • 高倉耕一,西田佐知子,西田隆義. 2011. イヌノフグリの“多型”−石垣環境への適応と種子散布者との関係−.日本生態学会関東地区会会報59: 19-25.
  • 西田佐知子. 2010. 繁殖干渉の知見が植物系統分類・植物地理にもたらすもの.第42回種生物学シンポジウム.プログラム・講演資料集: 39-43.
  • 高倉耕一,西田佐知子,西田隆義. 2010. 植物における繁殖干渉とその生態・生物地理に与える影響. 分類10: 151-162.
    » PDF
  • Takakura, K., T. Nishida, T. Matsumoto, & S. Nishida. 2009. Alien dandelion reduces the seed-set of a native congener through frequency-dependent and one-sided effects. Biol Invasions 11:973-981

ダニ室関連 Domatia

  • 西田佐知子.2010. 植物がつくる生物多様性. In「地球からのおくりもの 生物多様性を理解するために」(名古屋大学大学院環境学研究科しんきん環境事業イノベーション寄付講座編)風媒社,名古屋. pp. 103-117.
  • Sudo, M., S. Nishida, and T. Itioka. 2010. Seasonal fluctuation in foliarmitepopulations on Viburnum erosum Thunb. var. punctatum Franch. et Sav. (Adoxaceae) and sympatric shrubs in temperate secondary forests in western Japan. Applied Entomology and Zoology. 45: 405-415.
  • 西田佐知子. 2009. 葉上の不思議な部屋「ダニ室」. 江原昭三・後藤哲雄(編)原色植物ダニ検索図鑑. p.173. 全国農村教育協会
  • 西田佐知子, 2009. 共生の器官?謎の「ダニ室」. Nature study 54: 1-4.
  • Nishida, S, Naiki, A., Nishida T. (2005) Morphological variation in leaf domatia enables coexistance of antagonistic mites in Cinnamomum camphora, Canadian Journal of Botany, 83, 93-101.
  • Nishida, S, Tsukaya, H., Nagamasu, H., Nozaki, M. (2006) A Comparative Study on the Anatomy and Development of Different Shapes of Domatia in Cinnamomum camphora (Lauraceae), Annals of Botany, 97, 601-610.
  • Nishida, S. (2005) Ny “domaties”. Ravintsara 3:9.
  • 西田佐知子 (2004) 葉上の小器官「ダニ室」, Bunrui, 4, 137-150.
    » PDF

クチクラ関連 Cuticular Characters for Taxonomic Study

  • Sachiko Nishida & Henk van der Werff. 2014. Do cuticle characters support the recognition of Alseodaphne, Nothaphoebe and Dehaasia as distinct genera? Reinwardtia, in press.
  • Nishida, S. and H. van der Werff. 2011. An evaluation of the classification by cuticular characters of the lauraceae: a comparison to molecular phylogeny. Annals of Missouri Botanical Garden 98: 348-357.
  • van der Werff and S. Nishida. 2010. Yasunia (Lauraceae), a New Genus with Two Species from Ecuador and Peru. Novon 20: 493-502.
  • Nishida, S & van der Werff, H. 2007. Are cuticular characters useful in solving generic relationships of problematic species of Lauraceae?, Taxon.
  • Nishida, S. & A. Takahashi 2001. Preliminary study on the inner pitcher structure of five Nepenthes species from Sabah, Borneo. Nature and Human Activities 6: 49-57.
  • Nishida, S and M. Mohamed 2000. Preliminary study of the cuticular features in eleven angiosperm species from Klias and Binsulok, Sabah. In “Klias-Binsulok Scientific Expedition, Universiti Malaysia Sabah, Kota Kinabalu” (M. Mohamed, M. Yusoff and S. Unchi eds.), Universiti Malaysia Sabah, Kota Kinabalu, pp35-41.
  • Nishida, S and D. C. Christophel 1999. Leaf anatomy of Beilschmiedia (Lauraceae) in the neotropics. Nature and Human Activities 4: 9-43.

クスノキ科ほか、分類関連 Taxonomy of Lauraceae

  • 西田佐知子.2012.クスノキ科分類学の現在−もつれた糸をほどく試み−.In 「新しい植物分類学」(日本植物分類学会編) 講談社サイエンティフィック,東京.Pp. 35-43.
  • Nishida, S. 2008. Taxonomic revision of Beilschmiedia (Lauraceae) in Borneo, Blumea.53: 345-383.
  • Nishida, S. 2006. Two new species of Beilschmiedia (Lauraceae) from Borneo, Blumea, 51, 89-94.
  • Nishida, S. 2005. A new species of Beilschmiedia (Lauraceae) from Borneo, Novon, 15, 343-345.
  • 西田佐知子 2002. 新熱帯アカハダクスノキ属(Beilschmiedia; クスノキ科)の分類学的再検討およびその葉の解剖学的研究. 分類, 2: 36-39.
  • Nishida, S. 2001. Notes on Beilschmiedia (Lauraceae) of Southeast Asia 1: checklist of the Bornean species with the description of a new species. Acta Phytotax. Geobot. 52: 103-113.
  • Nishida, S. 2001. A monographic study for the plant inventory of Sarawak: Beilschmiedia (Lauraceae) in Sarawak. 1998〜2000年度日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究 (A2))報告書: 62-86.
  • Nishida, S 1999. Revision of Beilschmiedia (Lauraceae) in the Neotropics. Annals of Missouri Botanical Garden* 86: 657-701.
  • Yasuda, S. 1996. A new species of Ocotea (Lauraceae) from the Serra do Espinhaco, Brazil. Novon 6: 484-486.
  • Yasuda, S. and H. Nagamasu 1995. Flora of Ashiu, Japan. Contributions from the Biological Laboratory, Kyoto University 28: 367-486.
  • 安田佐知子1994. モミジカラマツの新産地. 植物分類, 地理 45: 77.
  • Tobe, H., S. Yasuda, and K. Oginuma 1992. Seed coat anatomy, karomorphology, and relationships of Simmondsia (Simmondsiaceae). Bot. Mag. Tokyo 105: 529-538.

博物館関連の論文・報告

  • 西田佐知子. 2014. 伊藤圭介と『錦窠植物図説』.くさかや22:1-3.
  • 西田佐知子. 2014. 伊藤圭介と名古屋市東山公園&名古屋大学.くさかや22:9.
  • 西田佐知子・堀田慎一郎・松下佐知子. 2013. 第28回名古屋大学博物館企画展記録「「氷壁」を越えて-ナイロンザイル事件と石岡繁雄の生涯-」.名古屋大学博物館報告29:67-76.
  • 西田佐知子・松本葉留奈. 2013. 第25回名古屋大学博物館企画展記録「なんじゃ?もんじゃ?〜木典雄とコケの世界〜」.名古屋大学博物館報告29:59-66.
  • 坪田博美・吉野奈津子・西田佐知子. 2012. 名古屋大学博物館野外観察園の蘚類(予報).名古屋大学博物館報告28:129-132.
  • 西田佐知子・中川弥智子・横山智・山本弘之(2011)名古屋大学博物館第14回特別展記録「熱帯林〜多様性のゆりかご〜」.名古屋大学博物館報告 27: 225-247.
  • 石川葉留奈・西田佐知子・吉田智弘・眞静代(2011)高木蘚苔類コレクションリスト3: Cで始まる属. 名古屋大学博物館報告 27:51-168.
  • 西田佐知子,吉野奈津子(2010)名古屋大学博物館野外観察園におけるシュンランの発見.名古屋大学博物館報告 26: 165-167.
  • 吉野奈津子,西田佐知子(2010)高木樹木片リスト.名古屋大学博物館報告26: 237-244.
  • 佐藤純子,西川輝昭,西田佐知子,門脇誠二(2010)名古屋大学博物館所蔵中国紙馬ならびに紙銭のリスト. 名古屋大学博物館報告26: 169-184.
  • 佐藤純子,西川輝昭,西田佐知子,門脇誠二(2010)名古屋大学博物館所蔵中国剪紙のリスト. 名古屋大学博物館報告26: 185-236.
  • 西田佐知子(2009)生物多様性の保全と啓発活動への取り組み.国立大学法人名古屋大学環境報告書: 57.
  • 西田佐知子・吉野奈津子(2009)「今月の観察園」2008年度の記録, 名古屋大学博物館報告 25: 139-144
  • 西田佐知子・吉野奈津子(2009)第17回名古屋大学博物館企画展記録 水辺の宝石 トンボ 〜東海昆虫保存会コレクション展〜,名古屋大学博物館報告 25: 219-231
  • 石川葉留奈・西田佐知子・吉田智弘・眞静代(2009)高木蘚苔類コレクションリスト2‐3: Bで始まる属(3)名古屋大学博物館報告 25: 25-127
  • 羽賀秀樹・西田佐知子・飯野孝浩・吉野奈津子(2009)名古屋大学博物館野外観察園展示記録 海藻の世界〜吉崎誠コレクション〜, 名古屋大学博物館報告 25: 145-157
  • 山本進一・伊藤義人・小西哲郎・中川弥智子・佐藤紳司・梶村恒・大場裕一・西田佐知子(2009)2009年度ホームカミングデイ企画「名大キャンパスの雑木林の生物多様性を観察しよう」展示記録, 名古屋大学博物館報告 25: 159-181
  • 西田佐知子 (2008)名古屋大学博物館における収蔵環境の温湿度変化, 名古屋大学博物館報告24: 21-29
  • 西田佐知子・吉野奈津子(2008)「今月の観察園」2007年度の記録, 名古屋大学博物館報告24: 183-188
  • 石川葉留奈・西田佐知子・吉田智弘・眞静代 (2008) 高木蘚苔類コレクションリスト2-2: Bで始まる属(2), 名古屋大学博物館報告24: 31-176.
  • 石川葉留奈・西田佐知子・吉田智弘・眞静代 (2007) 高木蘚苔類コレクションリスト2-1: Bで始まる属(1), 名古屋大学博物館報告.
  • 西田佐知子・吉田智弘・石川葉留奈・眞静代 (2006) 高木蘚苔類コレクションリスト1: Aで始まる属, 名古屋大学博物館報告, 22, 111-201.
  • 吉野奈津子・西田佐知子 (2006) 名古屋大学博物館野外観察園の植物標本リストII, 名古屋大学博物館報告, 22, 203-210.
  • 西田佐知子・原幸喜(2005) 続報:博物館から寄贈された故熊沢正夫教授による研究資料とその裏面に残る記事について,名古屋大学博物館報告, 21, 161-172.
  • 吉野奈津子・藤井伸二・西田佐知子 (2005) 名古屋大学構内におけるエンシュウムヨウランの発見, 名古屋大学博物館報告, 21, 141-146.
  • 原幸喜・西田佐知子 (2004) 博物館から寄贈された故熊沢正夫教授による研究資料とその裏面に残る記事について, 名古屋大学博物館報告, 20, 121-127.
  • 西田佐知子 (2004) 第3回名古屋大学博物館企画展記録 名古屋大学博物館野外観察園の植物たち, 名古屋大学博物館報告, 20, 141-149.
  • 西田佐知子・吉野奈津子 (2004) 名古屋大学博物館野外観察園の植物標本リストI 春から夏咲く植物, 名古屋大学博物館報告, 20, 113-120.
  • 西田佐知子、小林身哉、安立あゆみ、伊藤裕司、市村卓也、尾坂知江子 2003. 名古屋大学医学部から博物館へ移管されたムラージュ標本の一覧. 名古屋大学博物館報告, 19: 87-104.

その他の読み物

  • 西田佐知子. 2012. 研究者としての歩み 日本植物学会生物科学ニュース.
    http://bsj.or.jp/nc2/htdocs/?action=common_download_main&upload_id=106
  • 西田佐知子. 2010. いきもの論壇COP10 NAGOYA「つぼの中 天国?罠?」. 中日新聞8月6日記事
  • 西田佐知子. 2010. 名大にある、公然の「秘密の花園」−名古屋大学博物館野外観察園−. ゆくのき通信7: 5-6.
  • 西田佐知子. 2010. 「熱帯林 多様性のゆりかご」.朝日新聞10月6日記事「美・博ファイル」
  • 西田佐知子. 2009. 生物多様性の保全と啓発活動への取り組み.国立大学法人名古屋大学環境報告書: 57.
  • 西田佐知子. 2008. やり直し人生ゲームがあったら・・・, 生物科学 60: 21-22.
  • 西田佐知子(2007)風にふかれて-植物たちの旅支度, Ars, 1, 18-21.
  • 西田佐知子(2007)「水差し」という名の宇宙-ウツボカズラの生態系, Ars, 2, 26-27.
  • 西田佐知子 2006. 植物と動物便り2. JSPSニュースレター(日本植物分類学会ニュースレター), 20: 23.
  • 西田佐知子 2005. 植物と動物便り1. JSPSニュースレター(日本植物分類学会ニュースレター), 16: 17.
  • 西田佐知子(翻訳) 2003. 欲望の植物誌(Mickel Polan著). 八坂書房, 東京, pp. 1-387
  • 西田佐知子 2003. 書評:国際植物命名規約セントルイス規約邦訳版. 種生物学会ニュースレター, 27: 10.
  • 西田佐知子2001. 人と共に生きてきた六甲山の貴重な植物. In:“自然観察ウォッチング「六甲山」”(兵庫県立人と自然の博物館「六甲」研究グループ編), 神戸新聞総合出版センター,神戸, pp. 68-70.
  • 西田佐知子 2001. 高木を採集するなら. やまぐるま(植物分類地理学会ニュースレター), 9: 7.
  • 西田佐知子 2000. 変な生き物-人と自然の博物館の展示から-:ウツボカズラ. 神戸新聞(8月15日版朝刊).
  • 西田佐知子 1998. コスタリカ植物採集記. 人環フォーラム, 5: 48-49.
  • 西田佐知子 1998. ミズーリ植物園紹介. 日本植物分類学会ニュースレター, 92: 11-13.