博物館トピックス

HOME » 博物館トピックス

はしかのムラージュを展示

名古屋大学博物館で所蔵している537点の皮膚病のムラージュ(ロウで作った模型)の中から麻疹(はしか)のムラージュを展示しました。

全国で、「はしか」が流行し、ニュースにもなっています。昔は子供の罹る一般的な病気でしたが、ワクチンが発達した今、日常では、はしかを見ることはありません。

そこで、当館では麻疹(はしか)のムラージュを展示することにしました。
ホンモノそっくりにできたムラージュをこの機会にご覧下さい。


はしかのムラージュ