フィールドリサーチセンター

HOME » フィールドリサーチセンター

モンゴル科学技術大学内,1-101号室(化学実験室),1-105号室(分析機器室),1-109号室(岩石加工室),T-303号室(微小領域解析室・FRC事務所)

目的

名古屋大学博物館・環境学研究科は,2003年以降,モンゴル科学技術大学地質石油工学部と共同でモンゴルの地質・環境研究に関してフィールド調査を行ってきました.フィールド調査には情報収集や多くの事前準備が必要であり,現地での研究拠点の設置が待望されていました.これまでの実績をもとに,2009年にモンゴル科学技術大学地質石油工学部内に,名古屋大学フィールドリサーチセンター(FRC)を開所しました.そして2010年4月にはフィールドリサーチセンターの分室として「微小領域解析室」,「岩石加工室」,「化学実験室」を開設しました.さらに2012年2月には,ICP-MS,XRFなどの精密化学分析機器を設置した「分析機器室」も開設しました.本センターが日本・モンゴル両国のあらゆる分野の研究の発展の礎となることを期待します.

組織

センター長
大路樹生(名古屋大学博物館・教授・館長)
センター長代理
長谷川精(名古屋大学博物館・特任准教授)
 
苗村康輔(名古屋大学博物館・特任助教)

業務

名古屋大学フィールドリサーチセンターでは,以下の業務を行っています.
(1) モンゴル国内のフィールド調査・教育支援
(2) 設置機器の利活用と保守管理
(3) 設置機器利用希望者への技術講習

設備

分析機器室 (1-105)
ICP-MS (Agilent 7700x)
XRF (Rigaku, ZSX Primus II)
ビードサンプラー (Rigaku 3091A001)
小型ボックス炉 (光洋サーモシステム KBF794N1)
イオンクロマトグラフィー (Thermo Fisher Scientific Dionex ICS-1600, ICS-2100)
定温乾燥機 (東洋製作所 DRA430DA)
電子天秤 (Mettler-Toledo ML204/02)
化学実験室 (1-101)
ドラフトチャンバー (ヤマト科学 LDS-150VB)
蒸留水製造装置 (ADVANTEC RFD240NC)
超純水製造装置 (ADVANTEC CPW-100)
遠心機ミニスピン (Eppendorf Centrifuge MiniSpin)
定温乾燥機 (東洋製作所 DRA430DA)
電子天秤 (Mettler-Toledo MS204S/02)
超音波洗浄器 (アイワ医科工業 AU-80C)
岩石加工室 (1-109)
岩石・金属切断機 (岩本鉱産物商会)
岩石・金属研磨機 (岩本鉱産物商会)
精密切断機 (平和テクニカ)
スタンプミル(鉄乳鉢タイプ)(ニチカ SML-15)
旋回粉砕機 (ニチカ RML-15)
精密研磨機 (マルトー Doctor-Lap ML-180)
微小領域解析室・FRC事務所 (T-303)
電子顕微鏡 (日立ハイテクノロジーズ Miniscope TM-1000)
エネルギー分散型X線分析装置(Swift-ED)
透過・偏光顕微鏡 (ニコンECLIPSE E200pol)
透過・反射偏光顕微鏡 (ニコンECLIPSE 50ipol)
実体顕微鏡 (ニコンSMZ745T)
顕微鏡用デジタルカメラ (ニコン DS-Fi2/ L3)
遊星型ボールミル (FRITSCH Pulverisette 5)
ビデオ会議システム (ソニー PCS-G50)

Topic News

連携センター

フィールドリサーチセンターは,同じくウランバートル市内のモンゴル国立大学内に設置されている,名古屋大学日本法教育研究センター (http://cjl.law.nagoya-u.ac.jp/content/3) とも連携し,自然科学・環境学と社会科学を融合し,より現実的な政策提言を目指した活動も行っています.