イベント情報

HOME » イベント情報 | その他 » その他詳細

あいちサイエンスコミュニケーション・サマースクール2011「サイエンスイラストレーション入門」受講生作品展

この夏、日本ではなじみが薄いサイエンスイラストレーションの入門コースが名古屋大学で行われました。コース創設100年を迎えた米国ジョンズ・ホプキンス大学医学部Art as Applied to Medicine専攻からDavid Rini准教授が来日。ハンドワークとPCワークの両方を使ったオブザベーション・ドローイングの実践成果を展示します。

« 基本情報 »
開催日時 2011年10月20日(木)〜11月11日(金) 10:00〜16:00(土日祝はお休み)
場所 名古屋大学博物館 野外観察縁 展示室
主催 名古屋大学博物館 / サイエンス・コミュニケーション推進室 / 高等教育研究センター / ジョンズ・ホプキンス大学医学部Art as Applied to Medicine専攻
共催 名古屋大学GCOE「システム生命科学の展開:生命機能の設計」
名古屋大学GCOE「機能分子医学への神経疾患・主要機能の設計」
東北大学GCOE「脳神経科学を社会へ還流する教育研究拠点」
筑波大学大学院人間総合研究科芸術専攻、トロント大学バイオメディカル・コミュニケーションズ専攻
協力 Tane+1 LLC、サイエンス・ビジュアリゼーション研究会、株式会社グエル、(財)日本モンキーセンター
お問い合わせ 名古屋大学サイエンス・コミュニケーション推進室
Mail: illustration@aichi-science.jp / TEL: 052-747-6527
ホームページ: http://aichi-science.jp/